NEWEST / < NEXT   BACK >

・夢は羊による世界征服!世界中の街を放牧場にすることを目指しています。
・「初回限定(護衛付)のAI」を配布しています。
 最新版はVer101231cです。
・容量節約のため最新以外のバージョンは削除されている事があります。
 

ShowState_hta.hta の使い方。

冬物語さんとこからShowState_hta.htaの使い方kwskってメッセージが届いたのでとりあえず。

一応setini.luaとの互換って形のためにラッパー関数いくつか作ってライブラリという形にしてましたが、単純に連動したいだけならば変数1個と関数1個を適切に挿入してしまうのが早いでしょう。

--(使うときは全角スペースをタブ変換推奨)
local stateCount = 0

function CreateStatus( state , mode )
  if mode == nil then mode=0 end
  local name = "./AI/temp/ShowState/"..string.format("%010d", stateCount + 1 )

  local fp = io.open( name, "w")
  if not fp then return end

  fp:write(string.format( "%s=%s",mode,state))
  fp:close()

  stateCount = stateCount + 1
end


必要に応じて「CreateState("内容",-1)」と叩けば単純なログ出力機になります。



以下はShowState_hta.htaの動作的な部分を含めて解説。
(工体さんとこのRoAIplusからかなりの量のコードを流用してるんで多少へんてこな場所あり。)

・基本
./AI/temp/showstate/ 以下にある「拡張子なしで数字のみで構成されたファイル名」のファイルの1行目に該当するものをすべて読み込む。
 読み込みは番号の若い順で行われる。
 以前に読み込まれたファイルよりタイムスタンプが古い物は無視。
 読み込んだファイルは削除。

・読み込む内容について。
読み込みは以下の書式にしたがって行われる。
「mode」=「内容」

この書式に沿ってないものは単純に消去だけされる。

現在使えるモードは以下のとおりである。
・1以上: 指定した数字をミリ秒と解釈して、その時間後に消去されるサブメッセージを出力。
・0:メインステータスを変更(メインステータスはログ流れしない。)
・-1:有効時間のないサブメッセージを出力(以上3行は本家showstate.luaの仕様)
・-2:文字列と完全に一致するサブメッセージを消去する。
・-3:すべてのサブメッセージを消去する。(内容は無視される。)

またmodeは気分次第で拡張されることがある。(現在TraceAIの出力をたくらみ中。)

・メインメッセージとサブメッセージについて。
メインメッセージは常に1行目に表示される。
サブメッセージは2行目以降に最大6行表示される。
6行を超えた場合はログ流れとして1番古いメッセージが消去される。

「6行」はデザイン的な好みで決定したので「もっと行数増やしてくださいよー」とメッセージおくれば拡張は可能。

・ ./AI/message.txt について。
メインメッセージ変更時とメッセージビュアー終了時に ほむTalkの出力用ファイルである「./AI/message.txt」を書き換えます。
1行目に現在のメインメッセージ、2行目以降に現在のメッセージビュアー設定を記録します。
元のmessage.txtは破壊するためほむTalkとの併用はできません。(でも併用しないっしょ?

| Copyright 2007,10,01, Monday 04:12am 初回限定 | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








トラックバックURL

http://pretty.pc3merchant.net/tb.php/146

トラックバック

 

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

SEARCH BOX▼

RecentCOMMENTS▼

RecentTRACKBACK▼

OTHER▼


POWERED BY BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
Copyright © 2006 初回限定のAI配布。::ShowState_hta.hta の使い方。 All Rights Reserved.
こっそり連絡を取りたいときは、 syokai@pc3merchant.net へどうぞ。(@は半角に変換してください。)

当ページに掲載している「ラグナロクオンライン」から転載されたコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

ラグナロクオンラインからの転載でないコンテンツはリンク・アンリンク・文字列引用フリーとします。承諾は一切不要です。好きにしてください。