NEWEST / < NEXT   BACK >

ShowState_hta.hta の使い方。

冬物語さんとこからShowState_hta.htaの使い方kwskってメッセージが届いたのでとりあえず。

一応setini.luaとの互換って形のためにラッパー関数いくつか作ってライブラリという形にしてましたが、単純に連動したいだけならば変数1個と関数1個を適切に挿入してしまうのが早いでしょう。

--(使うときは全角スペースをタブ変換推奨)
local stateCount = 0

function CreateStatus( state , mode )
  if mode == nil then mode=0 end
  local name = "./AI/temp/ShowState/"..string.format("%010d", stateCount + 1 )

  local fp = io.open( name, "w")
  if not fp then return end

  fp:write(string.format( "%s=%s",mode,state))
  fp:close()

  stateCount = stateCount + 1
end


必要に応じて「CreateState("内容",-1)」と叩けば単純なログ出力機になります。



以下はShowState_hta.htaの動作的な部分を含めて解説。
(工体さんとこのRoAIplusからかなりの量のコードを流用してるんで多少へんてこな場所あり。)

続き▽

| Copyright 2007,10,01, Monday 04:12am 初回限定 | comments (0) | trackback (0) |

 

ShowState_HTA ライブラリ

ホムAI:情報出力ライブラリ+情報表示用簡易アプリ Ver0.70914

Download : Ver0.70914

Singing and Thinking.の ShowState.lua + rhapsoAI配布所のほむTALK の組み合わせ互換の状態表示ライブラリです。

上記組み合わせにくらべて以下のような利点があります。

・ShowState.lua の UpdateStatus()の処理をhtaアプリで行うため、クライアント側の負担を減らせます。
・AI再読み込みの際に、表示データが管理できずにゴミが残ってしまう仕様を克服しています。

・メッセージのなかでカウントダウンが可能。
 例:「メンタルチェンジ 残り xxx秒」 のような表示がAI側の負担なしでできます。

前バージョンからの変更点
・ROAIPlus との併用で不便なので動作フォルダを ./AI/USER_AI フォルダから ./AI フォルダに変更
・ビュワーの設定保存ファイルを [./AI/massage.txt] に変更。(この変更によって Glenelg で書き換えなしで導入可能なハズ。)


詳しい使い方は折りたたみされてます。


続き▽

| Copyright 2007,09,14, Friday 08:34pm 初回限定 | comments (3) | trackback (0) |

 

ShowState_HTA ライブラリ

ShowState_hta ライブラリ


↑こんな機能がほしかったので、 Singing and Thinking. さんちで配られているShowState.lua と RhapsoAI配布所で配布されてる ほむTalk の組み合わせの代わりになる物を作成しました。

ShowState+ほむTalk の組み合わせだとAIから毎秒メッセージの更新という非常にスマートさに欠ける実装になりそうでしたので、表示アプリ側にカウント機能、古いメッセージの削除機能などを用意して、AI側の負担を減らしました。

ShowState_HTA.lua の使い方は 元の ShowState.luaと完全に同じ。
元のライブラリと置き換えて使うことが可能です。
(が、Glenelgさんとこで使おうとすると、一部機能が働かなくなります。 )

出力されたメッセージに 「%%Count%%」という文字列が含まれた場合は、そのメッセージが消えるまでの秒数と置き換えられます。

表示アプリの「showstate_hta.hta」は 「AI/USER_AI/」に置かれる事を想定しています。
動作には「AI/USER_AI/temp」というフォルダが必要です。
(その辺がほむTalkとは変わるので注意を。)

初回AIのユーザーさん用には組み込み済みのAIをリリースしますからそちらをどうぞ。

| Copyright 2007,05,31, Thursday 02:13am 初回限定 | comments (0) | trackback (0) |

 

改造版エラーブロックルーチン

いろいろなAIでエラーダイアログブロックルーチンっては見かけるんですが、
・逆にダイアログが出ないことでエラーが出たことに気がつきにくい。
・ホムの動作が完全に止まってしまうので、戦闘中にとまったとき寂しい。
・AI() を書き換えてしまうため、RoAIPlusの動作をとめてしまう。
の3点が気に入らないため、いろいろ細工してみました。

エラーダイアログブロックルーチン with SafeMode

エラーが出たときに、その旨を知らせるダイアログを表示してセーフモードに入ります。
セーフモード中でも攻撃スキルだけは使用できます。(通常攻撃はしません)

このルーチンを組み込んだ初回AIはまた後日。

| Copyright 2007,03,16, Friday 07:38am 初回限定 | comments (0) | trackback (0) |

 

偽こっこAI Mob.ini エディタ Ver070207

よそのAIの設定エディタ作ってもいろいろ微妙だから!と思いつつ こっこAI Ver4.49 対応版おいておきますね。
いや、このエディタの敵の選択部分を自分とこのAIで使うために作ってたんでついでですよ。ついで。

DownLoad 偽こっこAI Mob.luaエディタ Ver070207


| Copyright 2007,02,08, Thursday 08:00am 初回限定 | comments (0) | trackback (0) |

 

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

SEARCH BOX▼

RecentCOMMENTS▼

RecentTRACKBACK▼

OTHER▼


POWERED BY BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
Copyright © 2006 初回限定のAI配布。::その他ホムAI All Rights Reserved.
こっそり連絡を取りたいときは、 syokai@pc3merchant.net へどうぞ。(@は半角に変換してください。)

当ページに掲載している「ラグナロクオンライン」から転載されたコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

ラグナロクオンラインからの転載でないコンテンツはリンク・アンリンク・文字列引用フリーとします。承諾は一切不要です。好きにしてください。